スポンサーリンク

【知っトク】早朝散歩でストレス解消、気分転換

こんにちは、管理人のまーちんです。

この記事では、早朝散歩を行うことのメリットについて紹介しています。

在宅ワークを始めると、運動習慣がない人は家にこもりっきりとなり、ストレスがたまる一方ですよね。

通勤のストレスから解放されても、在宅によるストレスを感じるという矛盾。

趣味がなく、ストレス解消できない。

人の多い場所に行くのも避けたい…。

もやもやしたストレスを解消するのにオススメなのが、早朝散歩です。

早朝散歩は、お金もかからず、すぐに始められ、爽快な気分になれます。

早朝散歩がオススメな理由

『太陽光』を浴びての『運動』となるため、2つの有益な物質の分泌が促進されます。

分泌が促進される物質

『太陽光』と関係がある「セロトニン」

喜び、快楽などをつかさどる「ドーパミン」、意欲、活動性などをつかさどる「ノルアドレナリン」。

「ドーパミン」と「ノルアドレナリン」の2つをコントロールし、精神のバランスを調整する物質が「セロトニン」です。

「セロトニン」は精神を安定させる働きがあり、ストレスへの効能がある物質です。

「セロトニン」の分泌を促進させるには、起きた後、すぐに『太陽光』を浴びるのが良いと言われています。

イライラやネガティブの気分になるのは「セロトニン」が不足が原因かも。

目覚めたら、すぐに『太陽光』を浴び、「セロトニン」の分泌を促進させましょう!

「セロトニン」が不足すると、攻撃的になったり、精神的に病んだりといった症状を引き起こすと言われています。

テストステロン(男性ホルモン)

「生きる活力」「チャレンジ精神」「気持ちの張り」といった、バイタリティを高める作用をもつ物質が「テストステロン」です。

また、筋肉量も増加させ、代謝の向上、体脂肪の減少といった働きもあります。

なお、女性ホルモンは男性ホルモンから作られているため、女性にも「テストステロン」は存在します。

「テストステロン」の分泌を促進させるには、『運動』が良いと言われています。

最近、自信が持てないのは「テストステロン」の不足が原因かも。

『運動』して「テストステロン」の分泌を促進させましょう!

「テストステロン」が不足すると、消極的になったり、筋肉が減って代謝が下がり、脂肪が増えやすくなると言われています。

余談:シェイプアップ

長時間の運動(有酸素運動)はエネルギーを消費するため、体脂肪が燃焼される比率が多くなります。

より多くの体脂肪を燃やすには、ウォーキングやジョギングといった軽い運動を長時間行なうことが効果的です。

早朝散歩で、気分を向上させるだけでなく、皮下脂肪、内臓脂肪は減少させましょう!

気分転換

風景

早朝だと人がおらず、快晴な日は景色がとても素晴らしいです。

「百聞は一見に如かず」で、今朝(2020/06/17)の写真4枚をご覧ください。

 

 

どこまでも行けそうな階段、無人の中で貫録を見せるゴールポスト、草原と見紛うような土手と空、1日の始まりを告げる太陽。

綺麗じゃありませんか。この風景に魅せられ、早朝散歩に繰り出すようになりました。

「心ここに在らざれば、みえども見えず」という言葉もあります。

土手が近くになくとも、綺麗な風景は必ずありますので、早朝散歩で見つけてみましょう。

まとめ

早朝散歩を行うことで、物質が分泌され、ストレス解消、気分転換に繋がることを紹介しました。

分泌が促進される物質
  • 『太陽光』により分泌が促進される「セロトニン」物質
  • 『運動』により「テストステロン」物質

元気でいることは「良き経済人」への一歩です。

思い立ったが吉日。ぜひご実施ください。

参考サイト

本記事を投稿するに際し、参考にしたサイトを掲載しております。

誤情報は「デマ」につながる恐れがあるため、本サイトでは些細なことでも、可能な限り、裏付けを取っていきます。

テストステロン

1)大製薬工業株式会社 テストステロンの作用・はたらき

2)Diamond online テストステロンは女性にも存在する!不妊治療や、更年期に効果的

セロトニン

1)厚生労働省 e-ヘルスネット[情報提供] セロトニン

2)医療法人社団 平成会 コラム>セロトニンの増加が心身に及ぼす効果

シェイプアップ・筋トレ効果

1)広島県国民健康保険団体連合会 ウォーキングのメリット